元気No.1スクール飯南

 

学校住所・連絡先

 〒357-0046
埼玉県飯能市阿須 298-2     
 
             Tel
    042-974-1001
         Fax   042-975-1024
 

カウンタ

2009年7月1日から1396509

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

リンク


  

 
  
  
 

QRコード


 

校長挨拶

 本校は昭和53年4月に開校し、今年で創立42年目を迎えた普通科とスポーツコースを設置する男女共学校です。スポーツを生かし、校訓「礼儀・誠実・協力」を軸に、3年間で社会に出て立派にやっていける人材を育成することを使命としています。

 
本校の自慢はなんといっても元気な生徒にあります。「元気No.1スクール飯南」を合言葉に、明るく大きな声で交わされるあいさつは、学校に活気を生んでいます。また、部活動では、関東大会や全国大会の出場を果たすなどの成果を上げています。練習の合間には校舎内外を自主的に清掃するなど、心の成長にも気を配っています。

 学習面では基礎学力の定着と向上をめざします。そのため、1年次は1クラス30人程度の少人数学級編制を行います。2年次のスポーツコースでは国語・数学・英語の小人数展開授業、3年次普通科では、興味関心や進路希望に応じた科目選択制など、丁寧で温かい指導を行っています。
 進路指導では、大学・短大・専門学校への進学、企業や公務への就職など一人一人の希望に合った進路を実現しています。特に就職指導には定評があり、ガイダンスや面接指導をきめ細かく行い、卒業後は多くの生徒が地元の経済や産業を支える人材として巣立っていきます。
 スポーツコースでは、学校設定科目「スポーツ文化」の設置や駿河台大学との連携授業などのほか、幼児体育指導資格の取得や独自の進路ガイダンスを行うなどして、スポーツを生かした進路選択ができるようにしています。

 生活指導面では、校訓の「礼儀・誠実・協力」を軸に思いやりや感謝の心を育む指導を学校全体で行うことで、安心・安全な学習環境を実現しています。

 まずは本校においでいただき、授業の様子、生徒の様子をご覧になってください。きっと、生徒の元気なあいさつと明るい笑顔に出会うことでしょう。気も心も若い先生が多く、熱のこもった指導にご納得いただけるものと確信しています。
 
 本校のすぐ北を入間川が流れ、南にはなだらかな加治丘陵が横たわり、四季の移ろいが間近に感じられるすばらしい環境の中にあります。教職員一丸となって地域の信頼にこたえる学校づくりを進めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

                                                                         平成31年4月  埼玉県立飯能南高等学校長  内 田 正 俊                                   
 

日誌

◆校長日誌◆
12345
2019/07/19new

1学期終業式での講話を紹介します

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2

 おはようございます。
 昨年は、関東地方の梅雨明けは6月29日で雨が降らないことで影響が出ました。今年はまだ梅雨が続き、低温による農産物に影響が出るのではと心配しています。まずは無事に1学期終業式を迎えられたことを喜びたいと思います。

 この1学期間、皆さんは勉強、部活動によく頑張ったと思います。問題行動による指導件数もほとんどありませんでした。部活動では、ホッケー部がインターハイ15年連続出場、陸上部の関東大会出場のほか、サッカー部、柔道部、男子ソフトテニス部で県大会など、よく頑張りました。

 生徒の頑張りぶりや感じたことを学校のホームページにも載せています。ときどきはのぞいていただければと思います。

 本校にとっては、埼玉県教育委員会から県立高校の再編計画が出されたことが大きな事件でした。2年生の皆さんには修学旅行の最終日に羽田空港でお話しするというタイミングになってしまったことを申し訳なく思っています。
 このあと、飯能市と埼玉県教委との協議が行われると聞いています。地元の方々から飯能南高校を残してほしいというお言葉をたくさんいただいています。日ごろからの生徒、保護者の皆さん、1万人を超える卒業生、そして教職員の地道な取り組みを評価してくださる人が多いあかしと思います。

 お話ししたように在校生の皆さんには学習・行事・部活動などすべて今まで通りで変更ありません。ただ、みなさんの後輩になる43期生の募集人員が1クラス分減ることと、計画通りになった場合、再来年3月からは卒業のたびに1学年分ずつ生徒が減ることになるので、行事などで人数減をカバーするアイディアが必要になると思います。現在行われている野球選手権大会では合同チームとして出場している学校がありますが、最後まで飯能南高校として活躍してほしいという思いがありますので、もっともっと部活動を盛り上げてほしいと思います。引退した3年生にも、後輩を支えてやってほしいと思います。いずれにせよ今やるべきことを一つ一つきちんと取り組んでいきましょう。

 この問題の背景として少子高齢化が言われますが、簡単に言うと人口の割合はお年寄りから生まれたばかりの子供までどの世代も平均に同じではなく、若い人の割合は少なく、年齢の高い人の割合が高いということです。

 およそ2500年まえの人で孔子(こうし)という人がいます。孔子やその弟子たちの言葉をまとめた『論語』という書物があります。弟子たちがいろいろな角度から先生である孔子に政治のありかたについて質問する場面があるのですが、魯(ろ)という国の季康子(きこうし)という人が孔子にたずねたところ、孔子は「政は正なり」~政治とは正しいことを実行することだ~と同じ「セイ」の音で明快に答えたといいます。(顔淵第十二)

 孔子は、政治は政治を行う者の人格次第というのですが、あさって日曜日は投票日です。すでに18歳になっている3年生は有権者として大切な権利を行使してほしいと思います。政治に関心が向かないという人にはざっくりと「税金として集めた大きなお金をどう配分し使うか」と考えてもいいと思います。若い世代が関心をもって参加しないと、投票の多かった(世代・階層・地域etc)人が喜ぶ方向にお金が使われ世の中が動くことになります。近いうちに選挙権を得るみなさんもいっしょに考えてほしいと思います。

 明日からの夏休み、充実した夏休みを過ごすことを期待しています。では9月2日、全員が元気な姿でこの場で顔を会わせることにしましょう。


10:15
2019/07/17new

【飯南校長日誌】飯南の球技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2

  夏休みが近づいても梅雨空が続きますが、球技大会を行いました。日程を順延してもグランドが使用できず、大きく変更して体育館でのバスケットのみ実施となったのでした。全クラスの試合を2コートに詰め込んだ結果、スケジュールが電車の時刻表のように分刻みになりました。驚いたのは、どのクラスも進行担当から催促されることがなく、開始時間1分前にアップが終わり、選手が整列して試合の体制になっていたこと。にぎやかな応援のなかにもアナウンスが歯切れよく(ということははっきり聞こえたということです)会場も整然としており、きびきびした運営になっていたことにもびっくり。これなら本校生は(ひいきめでなく)どこに出しても心配ないと思いました。


18:35
2019/07/05

【飯南校長日誌】セキレイの子育て

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2

 校長室近くの窓の下に子育て中のセキレイが巣をかけているのに気づきました。生徒が期末考査に取り組んでいるそばで親鳥がせっせとひなにエサを運んでいます。親鳥が来るとかわいいひなが大きな口を開けます。親の子供を思う気持ちは人間と同じだなあと思いました。教職員一丸となって生徒にとって安心安全な学習環境の維持に努めていますが、たしかに本校のこの場所は安全です。元気に巣立ってほしいものです。


08:10
2019/07/03

【飯南校長日誌】あすから期末考査

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2

 7月にはいり企業の担当の方がおおぜい来校され、求人票をお持ちくださっています。ありがたいことです。職員室前の廊下に机と照明が準備してありますが、正念場を迎えた3年生だけでなく、1・2年生もここで勉強したり質問したりしているのを見ます。あすから期末考査が始まります。まずは一つ一つ山を確実に越えてほしいものです。


16:53
2019/06/28

【飯南校長日誌】飯南のキャリア教育

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者2
 6月28日、スポーツコースのスポーツⅡ授業の一環として、大学や専門学校の授業を体験する「授業体験型ガイダンス」を行いました。競技者として自身の身体能力をさらに伸ばす分野、リハビリ、福祉、保育などスポーツで培った知見を主に他人のために使う分野など、スポーツを通して社会のいろいろなところに貢献できることを実感した授業の数々でした。
17:40
12345